良心的なマッサージ店とは | 疲れが取れる出張マッサージは、店舗のような面倒がありません
menu

良心的なマッサージ店とは

フットマッサージをしている女性

疲れの溜まっているときにうけるマッサージは格別です。
私はこれまで多くのマッサージ店に行ってきたのですが、良いマッサージ店を見つける法則はズバリ、お店の雰囲気にあります。
見るべき点は2つです。1つはお店の物販の量。物販が多いお店は良いお店……というイメージがあるかもしれませんが、実はそんなことはないのです。
物販が多い=マッサージでそれほど儲かっていない、という事が言えます。つまりは、あまりよろしくないということですね。
アロマオイルやツボ押しグッズを買わせようとするおみせは要注意です。
理髪店や美容院でも、自社製品のシャンプーやヘアワックスを買わせようとするところは避けた方がいいかもしれません。
そしてもう一つが、定期的な来店を勧めるか否か。お店自体が定期的な来店を勧めているようなら要注意です。
本当に数度の来店が必要なのか、ということを見極める必要があります。
またマッサージは医療行為ではないので、しつこく次回来店日を訊かれても無視していいです。
以上の2点がマッサージ店に行くうえで気を付けるべきことです。
ですが最も大事なのは気持ち良さ……不快になるような痛い施術があるようなところは、いくらエステティシャンが人気だからといって無理に行く必要はありません。
マッサージ店には合う合わないがあるのです。
物販も定期的な来店を求めない……つまりはうっとうしいことの全くないお店があります。それは出張マッサージ。
出張マッサージはホテルに派遣するタイプのマッサージ店で、一回きりのお客さんも多く定期来店を勧めない傾向にあります。
また、エステティシャンがカバンに入れて持って来れるものには限りがあるので物販も少ないです。